この前のテストの続き。

先ずは自作125mmとPENTAX Qの組み合わせ。 やっぱり写りませんね。 白っぽくてボケボケ状態です。 相変わらずピンボケやブレが酷くて使い物に成らない。 そんな中でも無謀にも飛び物に挑戦。 ピントが合うわけも無くまして追いつくはずも無くその上、盛大にパープルフリンジが出てしまった。 誰も居ない場所でテストして良かった。 恥ずかしくて誰にも見せられないです。…

続きを読む

ショック!!。

前にも書いた通りテスト撮影の為に持ち込んだPENTAX K-5Ⅱsとボーグ71FLの組み合わせによる撮影。 α77よりも3m下がった位置での撮影なのですが、1発目からこの画像です。 ノイズも糞もISO800での撮影ですらこのクリアーな画像が写ってしまう。 つくづくα77の駄目さ加減と言うか、物作りのポリシーの違いが如実に現れてますね。 これもノートリ画像です。

続きを読む

久しぶりにカワセミの飛び込み。

もう半年以上撮ってなかったカワセミの飛び込み。 久しぶりにα77と70-400SSMのコンビで撮影してみた。 まあこの機種でノートリで此処まで撮れたら上出来でしょうね。

続きを読む

125mm完成

前回製作したのはNO'5とNO'2を重ねて使用した142mmバージョン。 無限遠は出てるけど近距離が駄目で3cm程長くすれば無限から50cm位まではピントが合いました。 今回のは同じSIGMAの玉抜きレンズにNO'5とNO'3の組み合わせで125mmバージョン。 ジャンクフィルターの枠だけを1枚を噛ませただけで無限から70cm位でピントが合います。 写りも結構クリアーなので楽しいしf値も…

続きを読む

手持ちでは無理のようですね。

今回改造したのは(お勧めは出来ないけど)SIGMAの30~70 ZOOM MASTERと言うレンズ。 ジャンクレンズとしては多少割高だったけど、全体の長さから見るとNO'7かNO'8のクローズアップレンズが使用できそうだから。 お勧めしない理由はレンズの取出しが真ん中のが難しい事と、組みなおすのが難しい点。 此れで撮影してみたけど。手持ちではやはり無理そう。 此処まで…

続きを読む

届いたばかりのk-5Ⅱsでのテスト。

k-5Ⅱsは初期設定を済ませたばかりで手振れ補正はonのままで絞りリングの許可で、レンズの焦点距離の設定が出来ます。 今回も前回と同様左が自作で、右がSMC-Mレンズ。 何故か今回SMCの方がピントが合ってなくて(合いにくい)参考程度しか成りませんが、やはりPENTAX Q同様自作レンズの方が明るく写るし、ノイズも少なくクリアーな画像に成ります。 やはりk-5Ⅱsでボーグを使うのが楽しみに…

続きを読む

新レンズテストその1

先ずはISO800でf4とf5.6とf8でのテスト。 左が今回製作したクローズアップレンズ使用の200mm f4レンズで、右がSMC-M 200mm f4です。 先ずはf4 次にf5.6 次にf8

続きを読む

取り合えず200mm f4 完成

玉抜きしたジャンクレンズにNO'5のクローズアップレンズを装着した、直焦点200mm f4レンズの完成です。 このレンズの良いところは最近距離約1mから無限遠まで使用できる点。 此れから少しの間この製作したレンズと同等のSMC PENTAX-M f4 200mmとPENTAX Qでの比較してみたいと思ってます。 その後届いてるであろうPENTAX k-5Ⅱsでの比較もしてみる積り。

続きを読む

本当に惜しい機種ですね。

この写真は何時ものオオマシコポイントで撮影した物だけど、ISO100ならかなりトリミングしたこの写真でさえ毛の1本1本まで綺麗に写るのに。 もう少し高感度側が良ければ鳥撮影に十分使える機種。 せめてISO800さえ使えれば最高なのですが。

続きを読む